宮崎県立図書館

〒880-0031 宮崎県宮崎市船塚3-210-1
TEL:0985-29-2911(代表)     TEL:0985-29-2596(図書問い合わせ)

当サイト内に掲載している画像及び文章等の著作物の無断転載を禁じます。
当サイトのご利用につき、トラブルや損失・損害等への一切の責任を負いません。

 
 

後藤勇吉

宮崎が生んだ偉大な人物
―大空の先駆者―
後 藤 勇 吉
 (1896~1928)


後藤勇吉
●後藤勇吉の略年譜  
西 暦

年 齢

で き ご と
1896 1才 

延岡市に生まれる。家は山産物商、醤油醸造販売業を営んでいた。

1903 8才 

延岡尋常高等小学校に入学。

1909 14才 

宮崎県立延岡中学校入学。

1914 19才 

延岡中学校卒業と同時に上京し、自動車会社に無給の見習工として入社する。

1915 20才 

自動車会社を退社し、飛行家の助手となる。

1916 21才 

飛行機を入手し、門川町で飛行練習を開始し、4ヵ月後に最初の直線飛行に成功する。

1917 22才 

上京し、帝国飛行協会の練習生となり、航空学を学び、飛行練習を開始する。

1918 23才 

5月、練習生を卒業する。

    

8月、召集令状によりシベリアに出征する。

1919 24才 

シベリアより復員し、各地の飛行機研究所の技師や客員講師を務める。

1920 25才 

7月、最新式の飛行機を購入し、製作する。機名を「富士号」と名づける。

    

8月、飛行大会において、高等飛行で1位となる。京都、大阪間の郵便宣伝飛行を行う。

    

10月、郷土訪問飛行(延岡・都城)を行う。

1921 26才 

日本で最初の一等操縦士、一等飛行士の免許を取得する。

1922 27才 

3月、日本最初の旅客輸送に成功する。 

    

7月、後藤キクヨと結婚する。

1923 28才 

4月、第2回郷土訪問飛行を行い、家族を同乗させたり、演技飛行、夜間飛行を行ったりした。

1924 29才 

7月、日本最初の日本一周に成功する。総飛行距離4,395Km、飛行時間33時間34分。

1925 30才 

2月、空中活動写真撮影を行い、ニュース映画を作成する。

1926 31才 

9月、大阪から京城、大連の航路を開拓し、日本で最初の海外郵便輸送を行う。

    

日本輸送株式会社の航空輸送の総責任者として、航路を開拓するとともに、部下の育成に当たる。

1927 32才 

5月、宮崎、大阪間で、日本最初の生鮮農産物の空輸を行い、「日向かぼちゃ」の名を高める。

    

11月、太平洋横断飛行訓練のため、霞ヶ浦航空隊に入隊する。

1928 33才 

2月28日、霞ヶ浦、大村(長崎)間の往復長距離飛行訓練に飛び立つ。

    

同29日、天候不順のため、佐賀県藤津郡(現、鹿島市)にて墜落、機体が炎上し、死亡する。


●後藤勇吉関係のリンク

・みやざきの101人宮崎県が発刊した「ふるさと再発見1みやざきの百一人」のホームページ版。
・みやざきひむか学ネット

宮崎県教育研修センター作成のホームページ。

・延岡観光協会

延岡市の観光協会の偉人紹介コーナー。



お問い合わせ電話0985-29-2954(情報提供課郷土情報担当)