宮崎県立図書館

〒880-0031 宮崎県宮崎市船塚3-210-1
TEL:0985-29-2911(代表)     TEL:0985-29-2596(図書問い合わせ)

当サイト内に掲載している画像及び文章等の著作物の無断転載を禁じます。
当サイトのご利用につき、トラブルや損失・損害等への一切の責任を負いません。

 
 

石井十次

宮崎が生んだ偉大な人物
―孤児の父―
石 井 十 次
 (1865~1914)


石井
●石井十次の略年譜  
西 暦
年 齢
で き ご と
1865 1才 児湯郡上江村(現高鍋町)馬場原に生まれる。
1871 7才 高鍋島田学校(もとの明倫堂)に入学する。
1879 15才 東京芝の攻玉社に入学する。
1880 16才 五指社をつくり、開墾を始める。
1881 17才 唐瀬原開墾に着手。内野品子と結婚。
  上江小学校(現高鍋西小)の教師となる。
1882 18才 岡山甲種医学校に入学する。1886年卒業。
1884 20才 馬場原に「朝晩学校」を開く。岡山キリスト教会で洗礼を受ける。
1887 23才 日本孤児教育会(のちに岡山孤児院)を始める。
  茶臼原原野の購入を決める。
1888 24才 「ぼろ軒の下学校」を始める。
1890 26才 「信仰の歌」や「依頼の歌」を作る。活版所を始める。
1892 28才 名古屋市に震災孤児院をつくる。マッチの工場をつくる。
1893 29才 小松宮殿下が孤児院を訪問される。風琴音楽隊をつくる。
1894 30才 25名の「茶臼原先発隊」が出発する。
1896 32才 岡山に商業部を、高鍋に日州活版所をつくる。
1897 33才 私立岡山孤児院尋常高等小学校を設立する。
1898 34才 大原孫三郎と知り合い、経済協力の始まりとなる。
1900 36才 このころ、皇族や政府の要人が次々と視察に来院する。
1906 42才 東北地方の凶作によって、岡山孤児院が1200名となる。
1909 45才 愛染橋保育所、愛染橋夜学校、日本橋同情館を設立する。
1910 46才 茶臼原移転が始まる。
1911 47才 鍬鎌主義の理想を抱いて、その実践にかかる。
1912 48才 茶臼原の移転がほぼ終わる。
1913 49才 茶臼原憲法を作る。茶臼原尋常小学校ができる。製糸会社の社長。
1914 50才 1月30日死去する。



●石井十次関係のリンク

・みやざきの101人宮崎県が発刊した「ふるさと再発見1みやざきの百一人」のホームページ版。
・みやざきひむか学ネット

宮崎県教育研修センター作成のホームページ。

・石井十次記念友愛社

木城町にある施設のホームページ。


お問い合わせ電話0985-29-2954(情報提供課郷土情報担当)