宮崎県立図書館

〒880-0031 宮崎県宮崎市船塚3-210-1
TEL:0985-29-2911(代表)     TEL:0985-29-2596(図書問い合わせ)

当サイト内に掲載している画像及び文章等の著作物の無断転載を禁じます。
当サイトのご利用につき、トラブルや損失・損害等への一切の責任を負いません。

 
 

日本九峯修行日記

『日本九峯修行日記』は、佐土原藩の真言宗安宮寺の住職であった泉光院・野田成亮翁が、文化9(1812)年から文政元(1818)年までの6年2ヶ月にわたる九峯修行の旅の途中、各地の政治・人情・地理・風俗等を記した日記です。

 同日記は、野田泉光院の孫にあたり、また杉田文庫の創設者である杉田直氏が筆耕解読され、昭和10(1935)年に刊行されています。後に杉田直氏の長男正臣氏は、その蔵書とともに『日本九峯修行日記』(全六巻、うち第三巻欠巻)も当館に寄贈され、現在貴重書庫にて保管しています。昭和55(1980)年に民俗学者宮本常一氏が『野田泉光院 旅人たちの歴史1』(未来社)を刊行し、内容を簡潔に紹介しその業績を称えたことから、史料的価値が全国的に高まりました。



 『野田泉光院肖像画』(杉田文庫)本館蔵


野田泉光院『日本九峯修行日記』
野田泉光院『日本九峯修行日記』(一部)(杉田文庫)本館蔵