宮崎県立図書館

〒880-0031 宮崎県宮崎市船塚3-210-1
TEL:0985-29-2911(代表)     TEL:0985-29-2596(図書問い合わせ)

当サイト内に掲載している画像及び文章等の著作物の無断転載を禁じます。
当サイトのご利用につき、トラブルや損失・損害等への一切の責任を負いません。

 
 

安井息軒

―信念を貫いた大儒学者―
安 井 息 軒
 (1799~1876)

安井息軒
  ●安井息軒の略年譜  
西 暦
年 齢
で き ご と
1799 1才 1月1日、清武町中野に生まれる。
1812 14才 懐中に常に1冊の経書を持ちながら、家業の加勢をしていた。
1814 16才 四書・佐伝を読み、家の書をすべて読み尽くしてしまう。
1817 19才 和歌や和文を廃して、中山寺で読書・漢籍に専念する。
1820 22才 都於郡を訪れて紀行「志濃武草」を書く。大阪の篠崎小竹に入門。
1824 26才 江戸の古賀庵に入門して、昌平校に入寮する。
1826 28才 古賀塾を退く。江戸藩邸勤番を命ぜられ、藩主祐相の侍読を兼ねる。
1827 29才 清武明教堂の助教授となって、教育に尽力する。
1829 31才 宕陰明教堂記を作る。双石山に登り、紀行「南山霞標」ができる。
1831 33才 飫肥振徳堂の助教となる。藩命により九州を巡遊し「観風抄」を書く。
1832 34才 振徳堂子弟の教育に当たる。
1835 37才 父、滄洲が息軒の剛直を慎むように遺言して死去する。
1838 40才 官を辞して浪人儒者として江戸へ行き、「東行日抄」を書く。
1841 43才 三計塾を開始する。藤田東湖に初対面をする。
1843 45才 江戸藩邸で、月に数回程度の論語会読を始める。
1846 48才 文会が盛んにあり、社約を作って各人の自宅を回り会長を務める。
1849 51才 上州の蚕業を視察し、飫肥で養蚕製糸の講習を始める。
1852 54才 飫肥や清武に種痘を公に施行するよう働きかける。素堂記を書く。
1853 55才 水戸斉昭が藤田東湖を介して、時事について問う。
1854 56才 蝦夷論を著して、開発の必要性を主張する。
1865 67才 養蚕私録序を書く。
1869 71才 明治新政府より仕官を勧められたが、病を理由に辞して著述に努める。飫肥藩の臣籍に入り、身分は家老上席で祐帰の師範となる。
1872 74才 「論語集説」全刻が出来あがる。
1875 77才 熊本県知事の依嘱によって錦山神祠改建記を書く。
1876 78才 9月23日死去


●安井息軒関係のリンク

・みやざきの101人宮崎県が発刊した「ふるさと再発見1みやざきの百一人」のホームページ版。
・みやざきひむか学ネット

宮崎県教育研修センター作成のホームページ。





お問い合わせ電話0985-29-2954(情報提供課郷土情報担当)