宮崎県立図書館

〒880-0031 宮崎県宮崎市船塚3-210-1
TEL:0985-29-2911(代表)     TEL:0985-29-2596(図書問い合わせ)

当サイト内に掲載している画像及び文章等の著作物の無断転載を禁じます。
当サイトのご利用につき、トラブルや損失・損害等への一切の責任を負いません。

 
 

川越進

宮崎が生んだ偉大な人物
―分県活動の功労者―
川 越  進
 (1847~1914)


川越進
 ●川越 進の略年譜  
西 暦

年 齢

で き ご と
1848 1才 宮崎郡加納村(現清武町)に生まれる。父茂平は飫肥藩の勘定方。
1854 7才 郷校「明教堂」で勉学に励む。
1870 23才 家督を継ぎ、清武会所(今の役場)に勤める。
1872 25才 加納の戸長となる。
1873 26才 宮崎県の創設とともに県職員となる。
1876 29才 宮崎県が鹿児島県に併合後、鹿児島県の県職員となる。
1877 30才 2月、西南戦争が勃発するとともに退職し、旧藩士とともに西郷軍に加わる。
    9月、戦後、鹿児島県宮崎支庁に勤務する。
1878 31才 県職員を辞職する。
1880 33才 那珂・宮崎郡から鹿児島県会議員に当選する。
    国会期成同盟の一員として名を連ね、「国会開設の建言書」を太政大臣に提出する。
    分県請願書を鹿児島県令に提出するも拒絶される。
1881 34才 「分県建言書」を元老院、内務卿に提出するとともに、上京し、折衝に当たる。
    伊藤博文に面会するなど分県のために奔走するが、請願書は却下される。
1883 36才 県会議長に選出される。「分県県議案」を、鹿児島県会議長という立場で内務卿に提出する。
    5月、政府が宮崎県再置の布告を出し、宮崎県が再置となる。
    宮崎県議員に当選。9月、第1回通常県会において議長を務める。
1884 37才 5月、退職して宮崎・北那珂郡の郡長となる。
1890 43才 宮崎県初の衆院議員に当選する。以後衆院議員を5期務める。
1892 45才 2期目衆院議員当選。
1894 47才 3期目当選。
1903 56才 4期目当選。
1908 61才 5期目当選。
1910 63才 居を東京に移す。
1912 65才 衆院議員を辞する。
1914 67才 11月、宮崎市にて死去する。

●川越進関係のリンク
・みやざきの101人宮崎県が発刊した「ふるさと再発見1みやざきの百一人」のホームページ版。
・みやざきデジタルミュージアム川越進関係の文書を検索できます。
・「宮崎県郷土先覚者」分県運動の推進者「川越進」について

お問い合わせ電話0985-29-2954(情報提供課郷土情報担当)